• ホーム
  • トリキュラーに含まれる成分とその買い方

トリキュラーに含まれる成分とその買い方

悩む女性

低容量ピルと言えば、一昔前までは避妊目的として服用するイメージがあり、実際に避妊を目的としての服用者が多くいましたが、最近では避妊目的以外でも生理期間をコントロールしたり、生理痛や生理前症候群の軽減、肌トラブルの改善目的で低用量ピルを服用する女性たちが増えてきました。
そして、そんな数ある低用量ピルの中でもトリキュラーは日本での取り扱い期間が長く、比較的低価格で手に入ることから特に服用者の多いピルとして知られています。
そんなトリキュラーに含まれる成分は黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)で、この二つの成分が体内に取り込まれることで、脳下垂体を妊娠状態と錯覚させ、卵巣からの排卵を休止させることで避妊効果をもたらします。
また、排卵が起こらなくなる事によって子宮内膜の増殖が抑えられるため生理中の出血量の軽減や、体内のホルモンバランスが安定することで生理前症候群の症状を軽減させたり、肌トラブルを改善させる効果も得られます。
そんなトリキュラーには偽薬を含む28錠タイプと、偽薬を含まない21錠タイプの2種類があり、どちらも毎日決まった時間に服用する事によって体内のホルモンバランスを整え、排卵を抑制する効果が得られます。
このトリキュラーの買い方としては、主に産婦人科や婦人科クリニックで取り扱われているため、医師の処方を受けた後に購入する形となっています。
また、喫煙者の場合には低用量ピルを服用する事によって血栓症を起こしてしまうリスクもあるため、受診の際にあらかじめ問診や血液検査を設けている病院もあります。
そして、検査の結果から問題が無いと判断されれば数ヶ月分をまとめて購入することができるため、低用量ピルを服用する多くの人は数ヶ月単位でまとめて購入する人が多くいます。
まとめ買いをするのであれば通販サイトからの購入も良いでしょう。
通販サイトはまとめ買い割引もあるので、検査でトリキュラーの使用が問題ないとわかれば最低限の処方を受けて、今後の分は通販サイトから買うのが良いでしょう。